感謝祭!パーティー

来ました!この日が

通っている英語教室で、大人だけの感謝祭パーティーに
参加しました。http://blog.englishbakery.net/(英語教室のHP)


到着した時には、すでにみなさん勢ぞろい!(6名+先生2二人)
いやーん、みなさんおしゃれしてて、大人の時間のはじまりって感じでした
(辰巳琢郎のワインの番組みたいな雰囲気よぉ。わかる?)

画像


そして、洗練された、テーブルセッテイング。
ここは、ここは、ニューヨーク?(ぶっとびすぎの想像力(笑)

日本じゃおもてなしでも、料理をばーんってテーブルに出しますよね。

西洋では料理は別のテーブルに取りにいったり、もしくはサーブされるものなのかも?!
だから、きれいなテーブルコーディネートを堪能しながら、料理も頂ける。

アメリカはもしかしたら、パーティーも多いですし、
テーブルコーディネートはかなり進化しているように思いました。
これは、見習わなければ!!!


先生のセンスのよさが、眩しかったです。



こちらが本日のメニューカード


画像


というか、このカードハンドメイドですよ。
イヤ、プロやろ。この出来栄え。

★ワトソン家直伝のポーチドエッグ(甘くてクリーミーでおいしい)
★手作りの家庭的なビスケット(素朴な味わい~)
★マッシュポテト(よく映画やドラマにでてくる、滑らかなポテト。見たことあるはず!)
★さやいんげんのキャセロール(茹でた野菜にホワイトソースが絡んだようなものかな)
★パンとオリーブのスタッフィング(本来はターキーの中に詰めるもの。最近は別添えが流行りだって)
★メイン!ターキーの丸焼き
★クランベリーソースと昔ながらのグレービーソース(グレービーソース超手間がかかってる)
★チョコレートピーカンパイ(アメリカとえば、パイ!初めて作ったと思えない出来栄え)




そして、この小リンゴが憎い演出をっ!!秋の実り(感謝祭)にふさわしいと思いません?






いよっ!いよっ!メインですよ

画像


ターキーでかっ!6キロですって。
それを、旦那さまのアンドリュー先生が、ぐわしと切る!!!

うーん、男っぽい♪こういう作業を男性が仕切ってくれると、頼もしさ倍増ですよね。


そして、ほとんどのおもてなし料理をアンドリュー先生(旦那さん)が作って下さいました。
なんと、2日半かかったそうです・・・・(仕事をしながら、本当にご苦労さまです)



たらーん♪

画像


一皿に盛り付けるのが、アメリカ~な感じでしょ。

そして、初のグレービーソース。昔「大草原の小さな家」の本を呼んでいたら、よく出てきたのよ!
グレービーソース。なによソレ??でしょ。

きっと肉のダシと旨味と香菜を煮詰めて濾したものなのかな~と。
スパイシーターキーの旨味汁ってか?(汁)じるって言うな??)

あと、私は、昔からフルーツと料理の合わさった料理は、好きなのよね。
だから、クランベリーソースやらグレービーやら、もみくちゃになって、
そりゃ、美味しかった(表現へたねーもみくちゃって)


さすが、アンドリュー先生は食べ慣れてて、ソースをからませながら
綺麗に食べてらっしゃる。




ターキーは丸焼きによって、しっとりジューシ。
普段、胸肉ってパサつくでしょ?
これが、なんと、同じ胸肉かい!っというぐらい美味しかった。

この調理法、胸肉を最大限おいしく頂く方法だと思いました。




画像




かほ先生(奥さま)が作ってくれたカード。
この模様も実はお手製。版画で刷ってくれそうです。

素敵でしょう。なんて手間が・・・・
うーん、プロの領域っ。
ラッピングの包装紙や紙袋、布製品にも展開できそう



こんな大人な雰囲気を味わえて、嬉しかったなぁ~。
それに、初体験なことばかりで、胸がワクワクでした。


最後に、感謝祭なのだから、感謝しましょうーね


このような、経験ができたこと。
出会いが出会いを呼んで、新しい扉が開かれることに


医学の進歩があってこそ、
今日も活動できることに!


なにより、好きなことをさせてくれる
旦那さんと、元気でいつもかわいい娘に!


ありがとう




この記事へのコメント

flamingo
2012年11月30日 15:46
ちょっと照れますね、ここまでお褒め頂くと・・・。お客様に来ていただかなければ体験できないことがたくさんあったので、私達も勉強になりました。今度はほころびなく、もっとスムーズにできるようにします。てへ。でも喜んでいただいて、素直に心から嬉しいです。そして本当に感謝です。特別な気持ちになれる、すてきな休日ですよね。
もりなお
2012年11月30日 19:19
>flamingoさま

少し立ち止まって感謝する休日って、
照れるけど、いいですね!
日本にはそんな、家族に感謝を述べるなんて
ないですもんね。

これからも、親子でよろしくお願いいたします。
とても大好きな場所です。ありがとうございます!

この記事へのトラックバック